働く職場の環境改善とコストダウンを約束します

ジャパンセパレーターの浮上油回収装置

 
十数台のタンクを一括管理しますOS-00
 

      浮上油分離の様子  OS-110

他社製品との大きな違いは?

 水に混ざったスカム状の油の塊は他社製品では内部に詰まるケースが多く見られます。当社製品ではスカム状の油の塊を外部へ

 排出しやすくするため、油水分離機全体を密封にして内部に弱い圧力をかけています。そのため、スカム状の油の塊が発生しても

 簡単に内部圧力で外へ吐出すことができます。(特許出願) この技術は当社だけのものです。

  ジャパンセパレーターの浮上油回収装置ゆ・くりーんの特徴 
  当社製品には他社に無い、優れた構造が特徴です
@フロート装置に特徴があります 

・3点式フロート装置の使用で、抜群の安定性と液面追従
    (2点式も有り)
・フロート装置のホースを持ち上げれば簡単に次の機械へ移動できる
・吸入口高さが簡単に上下調節できるシンプル構造
   (実案取得済)
・タンクが浅くても平気です。6cm以上あればどこでも使用できます
 
 
A油水分離槽に特徴があります

・油水分離槽内は密閉式にして、油排出口と分離出口に高低差
  を設け、薄い油でも内部に貯留してすぐには出ない構造です。
  内部に弱い圧力がかかっているため、油の濃度調整がナット
  一つでで簡単に調節できます。(実案取得済)

・そのため、排出される油の中の水分はおよそ5%と非常に
  優れています
 
  他に真似のできない優れたは技術により、油回収は非常に早く、水の混入もわずかです

大手自動車部品メーカー様より油回収依頼を受けてテストをしました
〜モデルは OS-100

画像をクリックすると動画に変わります
         
当初油の浮いている状態
OS-100
   開始5分後の状態
OS-100
   油の吐き出し状態0S-100    開始15分後の状態
OS-100










  浮上油回収装置  製品一覧 (1)
 OS-00  キャスター付で移動式、油タンク内蔵、これ一台ですべての機械の浮上油回収!
 
 形     式  OS-00  OS-00S
大きさ  550×300×600(h)mm  ←
フロ−ト寸法  75丸*3  又は75丸*2   ←
ホースの長さ
標準2m  ←
吸い込み口の径 12丸  ←
ポンプの型式  ダイヤフラムポンプ  ←
逆洗フィルター オプション  ←
動      力 エアーのみ 0.2Mpa  ←
吸引高さ揚程 2m以下  ←
耐熱温度 5〜60℃  80°C
ポンプ能力  5L/min   300L/hr  ←
タンクの必要深さ  タンク底から6cm以上の水面  ←
ご使用の目安 およそ2m×2mまでのタンク  ←
重  量 15kg  ←
エアー消費量  30リットル/分   ←
 p  h  6〜11  ←
 本体材質  SS400に焼付塗装  SUS304
付属品 フロート装置、吸入ホース、吐き出しホース、
注文時にお知らせください、逆洗フィルターはoption 
  
 OS-100 フロート装置付で業界最小しかし性能は優れもの
 
 形     式  OS-100  OS-100S
大きさ  210×130×380(h)mm  ←
フロ−ト寸法  75丸*3  又は75丸*2   ←
ホースの長さ
標準1m  ←
吸い込み口の径 12丸  ←
ポンプの型式  ダイヤフラムポンプ  ←
逆洗フィルター オプション  ←
動      力 エアーのみ 0.2Mpa  ←
吸引高さ揚程 2m以下  ←
耐熱温度 5〜60℃  80°C
ポンプ能力  5L/min   300L/hr  ←
タンクの必要深さ  タンク底から6cm以上の水面  ←
ご使用の目安 およそ2m×2mまでのタンク  ←
重  量 8kg  ←
エアー消費量  30リットル/分   ←
 p  h  6〜11  ←
 本体材質  SS400に焼付塗装  SUS304
付属品 フロート装置、吸入ホース、吐き出しホース、
注文時にお知らせください、逆洗フィルターはoption 
  






  浮上油回収装置  製品一覧 (2)
 OS-105  一回り余裕の油回収ベストパートナー
 
形     式  OS-105  OS-105S
大きさ  280×300×680(h)mm  ←
フロ−ト寸法  75丸*3  又は75丸*2   ←
ホースの長さ
標準2m  ←
吸い込み口の径 12丸  ←
ポンプの型式  ダイヤフラムポンプ  ←
逆洗フィルター オプション  ←
動      力 エアーのみ 0.2Mpa  ←
吸引高さ揚程 2m以下  ←
耐熱温度 5〜60℃  80°C
ポンプ能力  10L/min   600L/hr  ←
タンクの必要深さ  タンク底から6cm以上の水面  ←
ご使用の目安 およそ3m×3mまでのタンク  ←
エアー消費量  30リットル/分   ←
 ph  6〜11  ←
 本体材質  SS400に焼付塗装  SUS304
付属品 フロート装置、吸入ホース、吐き出しホース、
注文時にお知らせください、逆洗フィルターはoption 
 OS-110  河川、池、排水場などに浮く油回収に最適多量の油も短時間で回収!
 
形     式  OS-110  OS-110S
大きさ  380×320×920(h)mm  ←
フロ−ト寸法  165丸*3  高さ調整上下40mm  ←
ホースの長さ
標準5m  ←
吸い込み口の径 25丸  ←
ポンプモーター  メカニカルシールポンプ  ←
動  力(標準) AC100V(※200v) 150W(標準)  ←
吸引高さ揚程 5m以下  ←
耐熱温度 5〜40℃屋内仕様  ←
ポンプ能力  50L/min    ←
タンクの必要深さ  タンク底から30cm以上の水面で使用可  ←
ご使用の目安 およそ5m×5mまでのタンク  ←
24hタイマー 24時間タイマー標準装備   ←
流量調整  有り(0〜100%)   ←
 ph  6〜11  ←
 本体材質  SS400に焼付塗装  SUS304
付属品 フロート装置、吸入ホース
吐き出しホース
注文時にお知らせください


  ろ過装置  製品一覧 (3)
 オイルクリーナー FCP-210  FCP-521  FCP-551
オイルクリーナー使用で油の濾過精度NAS7級を維持します   
  
・  企業からの油の廃棄物をなくし、合わせて経費節減の方法に作動油の浄油があります。
    新油に比べ、1/3〜1/2の費用でできます。また、廃油の引き取りが無いので費用の発生
    もなく、環境にやさしい方法です。
  ・  統計によると油圧トラブルの80%は異物と水の混入が原因と言われています。
  ・ この装置は異物と水のどちらも捕らえることができます。
    デプスフィルタ−を使用し、NAS7級まで浄油ができますが、ちなみに新油はNAS8
    級程度です。
    さらに、油中に含まれる水分(フィルター1本あたり400cc)とカーボンも一緒に吸着
    するので安心です。  
FCP-210 FCP-521 FCP-551
     
 NC自動旋盤、洗浄機用濾過装置  JPX250  JPX500  JPX750
250JPX 本体  バック式フィルター   カートリッジ式フィルター  
  




  ろ過装置  製品一覧 (4)
 電動式スーパークリーンメイト610    SCM600   SCM610  SCM620 
 吸引力は150L/minと強力な吸い込みで素早く吸い上げます

タンク内のスラッジを抜き取って、液が再利用できたら・・・

溜まったスラッジだけを取り出しできます。

用途に合わせてSCMシリーズよりお選びください
 

用途・・・アルミ加工、鋳物加工等でスラッジが溜まりやすい設備に最適!

クーラント液自動供給装置(クーラント液オートサーバー)FAM20A
 







FAM20Aの特  徴

  ・工作機械のクーラント液を人手にたよらずすべて自動で作り供給します。
 
  ・混合にエジェクターは使用していないので水道水の温度、圧力に影響を受けません。

  ・決められた濃度で正確に作ります。

  ・本機内のプロペラでミキシングされますので、完全に粒子化された最適の液を作ります。

  ・出来上がったクーラント液はポンプで素早く機械へと供給できます。

  ・本機は水溶性切削油、油性切削油どちらも対応出来ます。
FAM20Aの用  途

  水溶性クーラント液を使用する工作機械及び油性切削油を使用する機械

 ・それぞれの工作機械へクーラント液の不足を自動で補給します。

 ・作業者は液不足に神経を使うことなく、作業に専念出来ます。

 ・正確な混合比と不足分を絶えず補給することにより製品の精度が向上、刃物も長持ちします。

 ・工場内が油で汚れることなくきれいに保持できます。














最新情報およびその他製品はホームページをご覧ください
http://www.p-mall.co.jp 


浮上油回収テストは
ジャパンセパレーター(株) YouTubeをご覧ください
 ゆ・くりーんの早期導入は環境改善、コストダウンを約束します






























   ジャパンセパレーター株式会社

〒507-0832
岐阜県多治見市金山町22-1
TEL : 0572-21-2470
FAX: 0572-21-2470
E-mail : hasegawa1@soleil.ocn.ne.jp


js catalog  Ver.1