浮上油の油水分離、回収に大きな効果 ゆ・くりーん





 
                   
  
  シンプルOSシリーズは、水溶性液の表面に浮上する油分を効率よく回収、
 分離し、廃液の削減、悪臭防止、の安定・向上をはかる装置です。


     
特徴 効果
高い回収能力
  300L/Hrのポンプで強力に浮上油を吸引し、短時間にタンクの表面の油膜を回収します。
低粘度の浮上油も回収
  いままでベルト式スキマーでは難しかった低粘度の油も吸引します(特許)
液面自動追従
  浮上油を吸いこむノズルは、液面の変動に対して、自動的に追従するフロート方式を採用し、
  効率的に浮上油を回収します。
液面レベル調整機能
  分離タンク内のレベルを調整して浮上油のみを排出することが出来ます。
シンプルな構造と低価格 
  機能的な構造はメンテナンス性にすぐれ、価格も低価格を実現しました。
環境改善に大きな効果    
  浮上油を回収することでバクテリアの発生を抑え更油の原因である悪臭を防ぎます。
大きな経済効果
  品質の安定、液のロングライフ化による廃液削減等、大きな経済効果を発揮します。
 

      OS-105





他社製品との大きな違いは?

★  水と混ざったスカム状の油の塊は他社製品では排出口で詰まるケースが多く見られます。

  当社製品では
スカム状の油の塊を外部へ排出しやすくするため、油水分離機全体を密封にして内部に弱い圧力をかけています。

  そのため、スカム状の油の塊が発生しても簡単に
内部圧力で外へ押し出すことができます。

  この技術は当社だけのものです。(特許出願済) 

フロートと分離槽はシンプルでそのうえ高い分離、回収性能  
   フロート装置構造(特許取得済)

 フロート装置は図のようなシンプル構造で、フロート装置を タンクに浮かべ、ナットで高さを調節します。
 デモテストを行いましたのでご覧ください
    
  
下の画僧をクリックすると動画に変わります
 油水分離装置構造(特許取得済)

分離槽全体を密閉構造にして、油の排出口を高くする(約80mm)ことにより、油溜まりができ、油が一定量溜まるまで排出されません。
油だまりに油が溜まると油排出口から油が出てきます。
  



下の画僧をクリックすると動画に変わります

 
 
 
  
         
当初油の浮いている状態    開始5分後の状態    油の吐き出し状態    開始15分後の状
画像をクリックすると動画に変わります OS-100

 形     式  OS-105
大きさ  280×300×680(h)mm
フロ−ト寸法  75?*3  又は75?*2 
ホースの長さ
標準2.5m
吸い込み口の径 12丸
ポンプの型式  ダイヤフラムポンプ
ポンプ保護用ストレーナ 標準で有
動      力 エアーのみ 0.2Mpa
吸引高さ吸い込み 2m以下
耐熱温度 5〜60℃
ポンプ能力  5L/min   300L/hr
タンクの必要深さ  タンク底から10cm以上の水面
ご使用の目安 およそ2m×2mまでのタンク
24hタイマー なし
エアー消費量  30リットル/分 
 ph  6〜11
付属品 フロート装置、吸入ホース
吐き出しホース、
 設置環境  屋内で使用。凍結場所では使用不可。
水の排水は自然落下ですので、装置をタンクより上部に設置ください

                                     


      ・工作機械水溶性クーラント液の浮上油回収
 ・部品洗浄、脱脂行程の浮上油回収
・水溶性焼き入れ液の浮上油回収
    ・コンプレッサー等ドレン水の浮上油回収
      ・排水処理工程、油水分離槽の浮上油回収