潤滑油(油圧作動油)の管理 他社製品との相違点 お奨めする理由 主な仕様  Q&A   ホームへ


ろ過装置、浮上油除去装置、スラッジ除去の専門メーカー ジャパンセパレーター 


 
 NC自動旋盤、洗浄機用濾過装置  JPX250  JPX500  JPX750

 本装置は万能タイプ濾過装置にポンプおよび配管を付加したものです。
 用途は広くNC自動旋盤、洗浄機の濾過、ドラム缶への移動など幅広く
 使用できます。低い投資で高い効果が期待出来ます。


フィルターについてQ&A
250JPX本機    バック式フィルター   カートリッジ式フィルター


                        

 洗浄機、NC自動盤等の濾過装置として広く使用可能です。 
 水性、油性を問わず濾過ができます。
 ●タンク内の異物を本機内蔵のカートリッジフィルターで濾過し切粉等を取り除きます。
 ●通常沈まない細かなアルミ切粉でもきれいになります。
 粒度は1ミクロンから100クロンまでフィルターの交換でご希望の粒度まで濾過できます。
 インラインタイプとしてノズルからきれいなオイルを吐き出すこともできます。
 ●フィルターの焼却処分は2次公害などの面で問題有りません。
 ●フィルターはカートリッジ式、又は安価なバック式どちらも選択できます。
 電源は標準三相200V専用です。



使用例(上図)
●自動盤からの切粉を遠心分離器で脱油し、油をドラム缶にくみ置きします。
●ドラム缶に貯まった油は自然に切粉が沈殿しますが、上澄みだけしか使用できません。
●そこで本機を導入してドラム缶の底から吸引すればすべての油を無駄なく濾過できます。
●必要な分だけをろ過してペール缶に汲み入れて使用します。
●きれいにろ過された油は、機械や工具のの寿命を延ばし、さらに油の寿命も3倍以上
  伸ばしてくれます。


イン、オフライン共通タイプ イン、オフライン共通タイプ イン、オフライン共通タイプ  単位
1.形   式  250JPX  500JPX  750JPX
2.濾過精度  フィルタ交換により
  1〜100ミクロン
 フィルタ交換により
  1〜100ミクロン
 フィルタ交換により
  1〜100ミクロン
3.濾過能力  20L/min  30L/min  50L/min 〔L/min〕
4.濾過圧力 最大5以下 最大5以下 最大5以下 〔kgf/cu〕
5.濾過粘度 最大150 最大150 最大150 〔cts〕以下
6.推奨温度範囲 10〜60 10〜60 10〜60 〔℃〕
7.サクションフィルタ− 150
メッシュステンレス
150
メッシュステンレス
150
メッシュステンレス
8.ポンプ トロコイドまたは
クーラントポンプ
トロコイドまたは
クーラントポンプ
トロコイドまたは
クーラントポンプ
9.フィルタ− カ−トリッジ型
60
φ×250 4本
バック式
180φ×425
カ−トリッジ型
60
φ×500 4本

バック式
180φ×425
カ−トリッジ型
60
φ×750 4本

バック式
180φ×950
カ−トリッジ型
又はバック式
と選択

10.モ−タ− 三相200V 250W 三相200V400W 三相200V750W
11.接続口径 吸入側 1/2Rc
吐出側 1/2Rc
吸入側 3/4Rc
吐出側 1/2Rc
 吸入側  1Rc
 吐出側 3/4Rc
3m 
高圧ホ−ス
12.寸法.重量 幅38奥行55 高50
      42
幅38奥行55 高70
      55
幅38奥行90 高90
  65
cm
kg
13.圧力計 吐き出し側0〜5 吐き出し側0〜5 0〜10 kgf/cu
14.安全装置 電気系統サ−マルリレ−
電気系統サ−マルリレ−
油圧系統サ−マルリレ−

15.付属品 フィルタ 4本 フィルタ 4本 フィルタ 4本  
16.標準仕様 150メッシュストレ−ナ
カ−トリッジ型
60
φ×250 4本
150メッシュストレ−ナ
カ−トリッジ型
60φ×500 4本

150メッシュストレ−ナ
カ−トリッジ型
60
φ×750 4本
17. 材  質 本体はSUS304を使用 本体はSUS304を使用 本体はSUS304を使用

 ポンプは標準でクーラントポンプとなりますが、高圧用トロコイドポンプも取り付け可能です。
 フィルタは標準でカートリッジ式となりますがバック式と選択も可能です。
※ 大量の濾過(100L/分〜500L/分)ご希望の場合、750タイプの2、4、6、8、10本立も承ります。
※ 吸入、及び吐き出しホースはオプションとなります。


潤滑油(油圧作動油)の管理 他社製品との相違点 お奨めする理由 主な仕様  Q&A   ホームへ